花にはそれぞれ花言葉がある

赤いバラの花ことばは「愛情」を意味し、カサブランカの花言葉は「純潔」を意味するなど、花にはそれぞれ花言葉があります。花言葉の歴史は古く、花を贈りあう文化が根付いている1西欧諸国では19世紀ごろ広まっていました。花ことばは色や本数によって意味は変わりますが、お歳暮に名古屋の花屋でフラワーギフトを探す時は花言葉などを考えて贈りましょう。

喜ばれる花言葉BEST3

no.1

花言葉は喜ばれるフラワーギフトはバラ

フラワーギフトの定番と言えばバラ。バラの花ことばは色によって違いますが「愛」に関するものが多く、もらって喜ばない女性はいないでしょう。例えば赤いバラは「あなたを愛しています」白いバラは「純潔」ピンクのバラは「happiness」など、もらえば思わず笑みがこぼれてしまうものばかりです。

no.2

胸がキュンとするガーベラのフラワーギフト

バラに次いで人気がフラワーギフトが、ガーベラです。結婚式などにもよく使われるピンクのガーベラは「熱愛」オレンジのガーベラは「冒険心」や「神秘」などを意味します。黄色いガーベラは「究極美」や「究極愛」などを意味しますが、その華やかさから金運を呼び込むハッピーアイテムとして人気があります。

no.3

広い年齢層に支持があるユリのフラワーギフト

広い年齢層に支持があるフラワーギフトと言えばユリです。中でも純白のカサブランカは中高年層に絶大な支持があります。そんなカサブランカの花言葉は「永遠の絆」「純潔」を意味します。結婚式などでも使われる事もあり、白いウエディングドレスにもよく似あいます。

お歳暮に迷ったらフラワーギフトを~花屋でゲット~ 

花

名古屋で花屋を選ぶときのポイント

名古屋で花屋を選ぶときのポイントは地元の事を良く知っている花屋を選ぶ事です。名古屋の人は華やかなものを好む傾向にあります。地元密着の花屋ならフラワーギフトも名古屋人の好みやその地域のマナーにあった贈った相手に喜ばれるアレンジメントを作ってくれる事でしょう。名古屋でお歳暮にフラワーギフトを頼む時の参考にしてください。

フラワーギフトを頼むこともできる

お歳暮に悩んだらフラワーギフトを選んでみるのおすすめです。フラワーギフトと言っても生花ばかりではありません。プリザードフラワーをアレンジしたものやぬいぐるみをアレンジしたもの、バルーンがついたものなど個性的なギフトがたくさんあります。フラワーギフトは花屋だけでなくWeb上でもオーダーできるので探してみましょう

お歳暮で贈る人も増えている

お歳暮と言えば、ハムやサラダ油やビールなど実用的なものを選んでしまいがちですが、たまにはフラワーギフトで贈るのもオツなものです。お歳暮用のフラワーギフトは、クリスマスに近いイメージでアレンジされたものや、そのままお正月飾りにできるような和風のアレンジなど様々な趣向を凝らしています。名古屋で花屋を選ぶなどの参考にしてみましょう。

花屋に寄せられたみんなの疑問

胡蝶蘭をもらった後はどう育てたらいいのか

お歳暮などの花屋からフラワーギフトで胡蝶蘭をもらった場合どうしたら良いでしょうか?胡蝶蘭は何も手入れしなくても長持ちしそうですがそんな事はなく、手入れをしなければ枯れてしまいます。まずはラッピング類を外し、直射日光を避けた場所に飾っておきましょう。水は一週間に一度で大丈夫です。

もらったお花は世話をした方がいいのか

お歳暮に限らずフラワーギフトをもらったら必ず手入れをしましょう。どんな状態でも花は呼吸をしています。茎が水に浸かっている場合は問題ありませんが、葉の部分が水に浸かっているとそこから壊死してしまい枯れる原因となっています。切り花は水の量に気を付けましょう。わからなかったら花屋に聞いてください。

切り花をできるだけ長持ちさせるポイント

お歳暮でもらったフラワーギフトが切り花だった場合、どうすれば花屋のように持たせる事が可能でしょうか。まずは葉やつぼみを適度に取り、花粉がついているものは花粉を取ります。切り口部分を整え、適度な水で切り花を飾ると長持ちします。

フラワーアレンジメントを長持ちさせるには

お歳暮でもらうフラワーギフトのアレンジメントは花屋でさしてもらうフローラルフォーム(吸水スポンジ)の扱いがポイントです。フローラルフォームは一度乾いてしまうと水の吸い上げが悪くなり、花に水がいきわたらなくなります。もし枯れてしまったりしおれた花があったらそこからスポンジに雑菌に入ってしまうので、枯れた花は除去するようしましょう。

もらった花を長持ちさせるポイントとは

フラワーギフトでお歳暮をもらった場合、とにかく花を長持ちさせたいと思うものです。花屋さんのように適切な処置はできませんが、アレジンメントの場合はフローラルフォームを乾燥させないように気を付け、清潔に保つこと切り花の場合は水を入れずぎずに適度な量で枯れたものから間引いて長持ちさせてください。

広告募集中