多くの人に好まれる!色々な種類があるフラワーギフト

フラワーギフトなら好み関係なく贈れる

例えば年配の方にお酒や食べ物を贈るのは好き嫌いや体調での制限があり難しい場合があります。その点フラワーギフトを贈るのなら、嗜好や体調などに関係なく贈る事ができるので喜ばれるでしょう。贈る花に花言葉や思いを込めて贈れば申し分のない贈り物となります。

ブリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

ブリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは生花から水分を抜き特殊な溶液につけて作ります。手触りが生花に近く、生花そのものを再現できるほか、生花では出せない色で着色できるので、鮮やかなアレンジメントのフラワーギフトとして喜ばれています。

ブリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

ドライフラワーは生花を風通しの良いところで陰干しして作ります。完全に水分を抜くため、乾燥した花の匂いと手触りとなり、保存方法によっては3か月から半年は楽しめます。手触りや色合いはプリザーブドフラワーの方が生花に近いため、プリザーブドフラワーの方がフラワーギフトに向いています。

多くの人に好まれる!色々な種類があるフラワーギフト

フラワー

ブリザーブドフラワーが人気な理由

花のギフトの市場では、生花のフラワーギフトとと同じくらいプリザーブドプラワーの需要は高く、母の日や敬老の日などの記念日にも人気があります。その理由として「枯れない花」というイメージと、鮮やかなアレンジメントが魅力のようです。価格は生花よりも高い場合がありますが、枯れずにいつまでも手元で美しく花を残したいという人におすすめです。

相手先に配送することも可能

生花を取り扱う花屋でもプリザーブドフワラーを販売していますが、プリザーブドフラワーはフラワーギフトの通販サイトで配送してもらう事も可能です。通販サイトのプリザードフラワーは花の種類も色もアレンジメントも種類豊富で、選ぶのに迷ってしまうほどですが、長持ちをより楽しんでもらうためにはアクリルケース付のものを選びましょう。

贈るときの注意点

切り花よりもお手入れが簡単なフラワーギフトとして人気のあるプリザードフラワーですが、まったくお手入れをしなくて良いわけではありません。特に水分や湿気は天敵で、水分に触れてしまうと劣化してしまいます。贈る際は相手の生活環境などを考慮してから贈りましょう。また、通販サイトだと写真では豪華に見えても実際は違ったなどのギャップもあるため口コミをチェックしてください。

色んなシーンで対応できる

「枯れない花」「美しいままの花」の状態でいる事が可能なプリザーブドフラワーは、還暦祝いや結婚祝いなどのフラワーギフトとしてお贈られる事もあります。また近年は母の日や父の日などのギフトにも好まれている傾向にあります。小さくリーズナブルなタイプもあるので、ちょっとした記念日に贈ってみるのもおすすめです。

広告募集中