深い歴史を持つお歳暮を贈る際にはマナーが大事!

お歳暮の歴史

お歳暮の歴史は室町時代から始まったといわれています。その由来は中国にあり、日本のお盆に似た祖先の霊を供養するための供物がお世話になった人へのギフトと転じてゆきました。時期が歳末なのは、新年を迎えるにあたり福の神を家に呼び込むため先祖へのお供えをするという意味もあったようで、年の瀬に必要なものを贈りあったといわれています。

人気のお歳暮TOP5

no.1

お歳暮に定番のハムギフト

お歳暮と言って真っ先に「ハム」を思い浮かべる人も多いでしょう。ハムギフトはもらってうれしいお歳暮の一つで、シニアからお子様まで幅広い層に支持があります。各ハムメーカーもお歳暮商品に力を入れており、その年限定のハムや特別なハムなど魅力あるラインナップでお歳暮商戦に挑んでいます。

no.2

お歳暮はカニギフトもおすすめ

もらってうれしいお歳暮のひとつに「カニギフト」もあります。中でもタラバガニやズワイガニは価格もさることながら、もらった側もインパクトがあるのでゴージャスなお歳暮として受け取ってもらえます。お世話になった人に思い切ってカニを贈ってみるのもおすすめです。

no.3

お歳暮にも人気のカタログギフト

結婚式の引き出物に人気のカタログギフトは、近年人気を高めお中元やお歳暮にもカタログギフトの波が押し寄せてきました。好きなものを自分のタイミングで選ぶ事ができるのでもらった側も便利に使えます。カタログの種類も豊富ですので今年のお歳暮にいかがでしょうか?

no.4

来客の多い年末年始にビールのお歳暮

年末年始に来客の多い家にはビールのギフトも喜ばれます。酒造メーカーがお歳暮限定の商品を開発したり、プレミア感あふれるビールなどがあったりと味も種類も豊富ですので「今年はこのブランドで」と選んでみたり「定番のコレ」と選んで贈るなど贈る側も楽しみがあります。

no.5

女性に評判の限定スイーツのお歳暮

女性の多い家庭やシングルの女性にはデパート限定スイーツや、ご当地スイーツなどのお歳暮なども喜ばれます。焼き菓子や和菓子などの定番も良いのですが、最近はアイスクリームも人気です。ご当地で隠れファンが多いアイスクリームやジェラートもあるので捜してみてください。

深い歴史を持つお歳暮を贈る際にはマナーが大事!

贈り物

お歳暮を贈るときのマナー

お歳暮を贈る時のマナーとしてまずは「時期」がポイントです。年末の準備が始まる前、12月13日~12月20日ごろまでに届くように手配しましょう。贈る際は挨拶状も添えて贈る事がマナーです。一括配送などでオーダーした場合でもはがきで簡単にお礼状を別便で贈る事をお勧めします。お中元かお歳暮、両方贈るのは予算的にという人は「お歳暮」の方を優先して贈るようにしましょう。

お歳暮の相場

お歳暮の一般的な相場は3000円~5000円程度で設定されており中元より1000円ほど高めとなっています。誰にどの相場で贈るか悩みどころですが、基本的には付き合いが多かったりお世話になっている人には5000円、付き合いは薄いが仕事上外せない人や慶弔時に贈りあいをする人は3000円と言われています。もちろんこの価格はあくまでも相場なので、とてもお世話になった人や恩師などにはそれ以上の価格で贈ってもマナー違反にはなりません。

喪中の相手にはどう贈る?

相手が喪中の場合のお歳暮は贈っていいものなのでしょうか?お歳暮はお祝い事ではなく「お世話になっている人への感謝の意をこめて贈るもの」であるので贈る事は全く問題ありません。ただし贈る場合は熨斗に注意しましょう。お歳暮は通常、紅白の水引を使いますがこれは「慶事」を意味するためNGです。喪中相手へのお歳暮の熨斗は無地もしくは短冊に「お歳暮」と書かれたものを使用しましょう。

購入方法にはどういうものがあるか

お歳暮の購入方法はデパートやスーパーなどのお歳暮コーナーで購入する、カタログ通販で選ぶも、ネット通販を利用するなどがあります。デパートで購入擦る場合は自分の目でサンプルを見たりできるのでお勧めですが、時間がない人や選択肢の幅を広げたい人にはネット通販がおすすめです。デパートと提携しているネット通販なので格式高い包装紙で贈りたい人にはピッタリです。

通販サイトを利用した人の声

贈りたい相手に合わせてお歳暮を選べるので助かりました

長年お世話になっている上司へのお歳暮を探すのに通販サイトを利用しました。上司の好みにピッタリの銘酒を探して贈る事ができたので満足しています。また上司の奥様がよく利用するデパートの品物だったので助かりました。また利用したいと思います。

広告募集中